院長、座禅を体験。「精神疾患の治療に活かす」

with コメントはまだありません

こんにちは。ほりべさん家スタッフの松井です。先日院長と座禅体験に行ってきました。というのも、ほりべさん家は美容鍼灸を目的とされてお越しになる患者さんが多いのですが、精神疾患でお悩みの患者さんも多いです。

精神疾患とは一言で言っても、その症状の種類は様々ですが、大まかに説明すると「ストレスなどが原因で精神が不安定になる」ということです。

ほりべさん家では鍼灸治療で精神疾患の改善を行っておりますが、更に治療効果を高めようと院長は以前から心を落ち着ける効果がある「座禅」に注目をしていました。座禅を治療に取り入れることを考えられているのです。

ということでやってきたのは三重県いなべ市藤原町にある「聖宝寺」。秋の紅葉が美しいと有名なお寺ですね。
http://www.shoubouji.com/

到着したらすぐにこの場所の素晴らしさを感じました。

言葉になかなか出来ないのですが、こういう場所に神様が宿るのではないかなと感じるような神秘的なお寺でした。

IMG_0090

美しい空気と水。近くには滝があり、ずっと滝の音と蝉の音が鳴り響いています。逆にいうならそれしかない場所です。ストレス社会に揉まれている方は、座禅だけでなくこういう場所に身を置くことだけで治療に繋がるのかもしれません。

座禅体験ではまずはお寺の掃除をさせて頂き、その後数時間、休憩をはさみながら座禅を行いました。座禅を終えて院長は「無になることはとても難しい」と言っていましたが、その一方で「心が晴れやかになる」とも言っていました。

ストレスの元となる雑念を捨てるのは、人間にとってとても難しいことでが、精神疾患で苦しむ患者さんの為に少しでも有効な治療を探すために、様々な勉強を続けてまいりたいと思います。座禅に興味のある方はお気軽に院長にお訪ね下さい。

IMG_0097

Leave a Reply